担当者しだいで不動産取引の結果は変わる

不動産の売買の準備にあたり、不動産会社および担当者選びは大事なポイントです。
特に売買がうまく成立するかどうかは会社よりも担当者選びのほうが重要になります。
それは、商品の状況判断や不動産の知識、言葉遣いや段取りといった担当者の能力やスキルによって、選択肢が増えたり取引条件が良くなったりするからです。
たとえば、新しく告知事項になる中古一戸建ての状態を的確に把握するためのインスペクションというサービスがありますが、こうしたサービスに関して知らない担当者は一定数います。
このサービスの利用により、中古物件に問題があると分かったとき、そのまま購入する、直してもらってから購入する、その分を値引きして購入する、購入しないの4つの選択肢が生まれます。
しかし、こうしたサービスを担当者が把握していなかった場合、購入する、しないの2つの選択肢しかなくなってしまうわけです。
この場合、もし最高の答えがほかの2つだったとしたら買主は損をすることになります。
こうならないためにも不動産会社は1社に絞らずに複数選んで担当者に会っていき、最終的にどの人に依頼するかを決めるようにします。

sabu用置換

sabu用置換